外壁塗装で住宅は生まれ変わる|お家Changeガイド

お家

外壁リフォームの種類

オペレーター

外壁リフォームをする際には、外壁リフォームの種類を知っておきましょう。種類を把握しておくことで、外壁リフォームの依頼をする際に自分の希望を施工会社に伝えやすくなります。外壁の安全性や審美性を高めて、快適な暮らしが出来る住宅を手に入れましょう。

外壁リフォームの種類としては、まず1つめに塗り替え工事があります。塗り替え工事は現在ある壁の受けから塗装材を塗り直す工事です。初期費用が安く、施工期間も短い方法なので気軽に依頼出来るリフォームになります。2つめが張替え工事です。こちらでは現在ある壁を取外し、新しく外壁を作り直します。見た目の改善だけでなく、住宅の柱や下地の劣化具合も同時に点検することが出来るので、住宅の安全性をキープするという点では最も適した外壁リフォームということが出来ます。外壁のデザインごとチェンジしていくことが出来るので、住宅のイメージを変えたい人に人気の高い方法です。そして3つめがカバー工法です。この方法では張替え工事の様に壁を撤去するのではなく、現在の外壁の上からサイディング施工をして行く方法になります。この方法では、外壁の見た目が良くなるのはもちろん、廃材の量が少なくて済むので省エネな工事です。また外壁が厚くなるので、遮音効果が高くなります。

以上が外壁リフォームの主な種類となります。それぞれの種類や特徴を確認しておいて、外壁リフォームを依頼する際の参考にしてみると良いでしょう。リフォーム依頼する際の会社によっては、今回紹介した内容のリフォーム工事に対応していないこともあるので、打ち合わせの段階で確認をしておくと良いでしょう。