外壁塗装で住宅は生まれ変わる|お家Changeガイド

お家

外壁塗装の必要性

男性

外壁の美しさというのはいつまでも保ち続けていくことは出来ません。太陽の紫外線や、雨風の影響を受けて外壁塗装は次第に汚れたり劣化したりしていきます。中には、外壁の汚れは歴史を表しているからそのままで良い。と考える人もいるかもしれません。ですがその考えは大変危険だということをお伝えしておきます。

というのも外壁塗装の機能というのは、その見た目だけではありません。建物の中を雨風から凌ぐという安全性を確保するという役目もあります。ですが外壁塗装が剥がれ落ちた状態だと、屋根材や外壁材に外界の刺激を直接与えることになります。そうなると建物自体の耐久性や安全性が著しく低下する原因となってしまうのです。そういった状況を避けるためにも定期的に外壁塗装補修工事を行なうようにしましょう。

外壁塗装が寿命としては一般的に使用されている塗料で約5年、フッ素樹脂塗料で約15年と言われています。外壁塗装工事は、使用されている塗料の種類や劣化の度合いに応じて行なうようにすると良いでしょう。また外壁の見た目が美しい状態でも、目に見えない内側部分の劣化が進んでいるということも考えられます。そのため外壁塗装補修の専門会社に、定期的な検査を依頼しておくと安心です。検査を行なっておくことで、塗装以外のトラブルも未然に発見することが出来るからです。自分だけでなく家族の安全を守ってくれる住宅を、いつまでも丈夫に維持するためにも、外壁塗装工事を検討してみましょう。